尿酸値の正常基準と、高尿酸血症の数値について

 

尿酸値の正常基準と、高尿酸血症の数値についてビールやお酒が大好き、おつまみは欠かせない!という方、多いですよね。しかし、そんな生活を続けていると、いつの間にか恐ろしい病気を発症してしまうかもしれません。
会社の健康診断結果をじっくりと見たことはあるでしょうか。特記すべき点が無いからと言って、放っておくと、徐々に悪化してしまう可能性もあります。日本人男性が特に気を付けたいのが、尿酸値です。これが高すぎると、様々な病気が発症します。まだ低いからと安心せず、高値にならないよう普段からの意識が大切になります。
尿酸値の正常基準値は、7.0mg/dl以下です。この数値を超えると、高尿酸血症と診断されます。
高尿酸血症とは、アルコールやレバー・カツオなどに含まれているプリン体が体内で分解されてできる尿酸が、本来であれば尿や便として排出されていくものが、多すぎるが故にいつまでも血液に溶け込まずに残っている状態です。この高尿酸血症が長期に渡ると、尿酸は結晶となって尿酸塩という針状結晶となり、どんどん関節や腎臓に沈着していきます。その代表的な疾患が、痛風関節炎です。下肢の関節の中でも、足の指関節に痛みが出ます。強烈な痛み、はれ、発赤などが特徴的ですが、ピークを過ぎれば自然に痛みは消滅します。放置すると、発作と治癒の間隔が短くなり、症状が憎悪していきます。重症化すると慢性の関節炎となり、間接軟膏が損傷したり、間接の変形が起こり日常生活に支障が生じてきます。また、足だけではなく、肘や耳などにもできることがあります。今までは、40代の男性に好発していた痛風ですが、最近は食の欧米化や簡易化などが進み、若年化が深刻になっています。尿酸は、腎臓にも蓄積していくため、尿路結石や腎障害・痛風腎などを起こす可能性もあります。
痛風の症状は、主に薬物療法で治療していきます。非ステロイド性抗炎症薬で痛みを抑えたり、尿酸コントロール薬で尿酸値を下げていくことになります。
しかし、尿酸は食事療法でも改善が可能です。アルコールを始め、プリン体を多く含む食物を控えるなどして、調節していきます。適切な水分補給を行う、ストレスをため込まない生活を心掛けるなど、尿酸値低下につながる生活習慣の改善が求められます。また、高尿酸血症は肥満や運動不足などが要因となることも多いため、肥満解消や適度な運動を行うことを指導される場合もあります。
高尿酸血症は、決して油断できない病気です。意識を高く持ちながら、健康的な生活習慣を目指しましょう。