ストレッチで血流を改善して尿酸値の対策を

 

ストレッチで血流を改善して尿酸値の対策を痛風は尿酸値が高い事によって発症しやすくなる為、まずは尿酸値を下げる事を行います。
尿酸の原料となるプリン体が多く含まれている食品の摂取を控える食事制限を行うだけでなく、それ以外でも痛風対策を行う事は出来ます。

 

尿酸値を下げる方法の一つがストレッチです。
通常ストレッチは体をほぐしたりダイエットをしたりする時にも行いますが、実際にはそれ以外目的でも利用できます。
体を動かす事によって全身の筋肉をほぐす事が出来、その結果血行が改善される効果が期待出来るからです。

 

尿酸値はプリン体を多く含むものを摂取し過ぎた時だけでなく、運動不足やストレス等も増える原因となっています。
また血流が低下する事によって、その値は上昇してしまいます。
血流を改善すると言う事は、自然に尿酸値の上昇を抑える働きが期待出来ると言う事です。
また、そもそも尿酸が蓄積する事で結晶化してしまい、それが原因で痛風は発症してしまいます。
血流が良くなると尿酸が体内に蓄積してしまうのを予防・改善する効果が期待出来るので、既に痛風となっている時も、また予防としてもストレッチは効果が期待出来る方法です。

 

ストレッチの基本は、毎日出来るものを行うと言う事です。
医薬品を利用した時の様に即効性があると言う訳ではなく、継続して行う事によって体の中から変化を期待する方法だからです。
椅子に座ったままで体を傾ける方法や、適度に体を動かす事によって尿酸だけでなく、疲労も貯まりにくい体へと改善が期待出来ます。
特に下半身はどうしても水分が貯まりやすい状態となっているので、その部分をほぐすように意識します。
大体1日に2セットから3セット行う事を週間づけると、次第に血流が良くなって行きます。

 

ただ、ストレッチをした場合でも他の運動をした場合でも、どうしても汗をかいてしまう事も少なくありません。
この場合、沢山の汗をかいたから良いと言う訳ではなく、必ず水分補給を行う様にします。
水分自体は痛風の場合は沢山摂取する方が良いとされていますが、運動をすると血流も良くなりますが、汗を沢山かいたことによって脱水症の様な状態になりかねないからです。
その為、体に良いと思って体を動かしたにも関わらず、汗をかいたことによって痛風の発作が起きてしまう事もある程です。
体を動かす場合は必ず水分をこまめに摂取し、血液中の尿酸の濃度を出来るだけ高くしないように意識しておくと、より対策としては良い効果が期待出来ます。