尿酸値と関節の痛みで分かる痛風の初期症状、その原因とは

 

尿酸値と関節の痛みで分かる痛風の初期症状、その原因とは別名贅沢病とも言われる痛風の初期症状は、足先や関節に激痛を感じることが広く知られています。「痛風」とは、風が吹いただけでも痛みを感じるほどの激しいもの、ということから名付けられたと言われています。激しい痛みは日常生活を送ることを困難にさせますので、なるべく初期症状の段階で気づき、早めに治療を受けることが大切です。
初期症状としてあげられるのが、年に一回受診の健康診断で尿酸値が高いこと、足の親指だけが赤く腫れる、ということです。尿酸値が高いと、自覚症状がなくても近いうちに痛風となることが予測できますが、足の親指にはじまる痛風発作は通常は10日あたりで痛みが引いてしまいますので、そのまま放っておく人も少なくありません。この発作は約半年から一年ごとに起こると言われていて、痛みも足先だけでなく、次第に下半身の他の関節へと広がっていき、発作の間隔も徐々に短くなっていきますので、辛くなる前に受診をしましょう。
これらの症状に加え、後期には尿路結石・腎結節などの大変な病気を引き起こす原因ともなる痛風は、体内の尿酸が増えすぎて排出されない分が尿酸塩となり関節に溜まり、白血球がこの尿酸塩を敵とみなして攻撃することで酸化、そして痛みという症状を発生させる病気です。そもそも尿酸とは、摂取されたたんぱく質が消化分解され、たんぱく質内のプリン体が代謝されたあとの酸化化合物です。通常は尿とともに尿酸は排出されますが、ビールなどのプリン体を多く含む食べ物や飲み物を多く摂り過ぎると、必要以上にあってこれ以上分解できない老廃物と化した尿酸が多く蓄積されていくことになります。
このように悪者のイメージが強い尿酸ですが、実は強力な抗酸化作用を持っていて、ビタミンCの持つそれよりも高い作用であることも分かっています。体内の尿酸値が高すぎるのも低すぎるのも良くないと言われるのは、このためです。尿酸値が正常の範囲で高めであるのが理想で、他の哺乳類よりも人間の寿命が長いのはこれが原因となっているとも言われています。ただ、この尿酸が増えすぎて尿酸結晶となると、関節に炎症を起こします。尿酸はもともと水に溶けにくい性質を持っているため、尿にも排泄されにくいのです。尿酸値が高い人は代謝が悪く低体温の場合が多いと言われ、尿酸も低体温箇所にて結晶化しやすいことが分かっています。このような悪循環を断ち切るためにも、初期症状に気づいたら早めに受診しましょう。