痛風対策はプリン体がポイントで、食品には良いものと悪いものがあります。

 

痛風対策はプリン体がポイントで、食品には良いものと悪いものがあります。痛風は生活習慣から来る病気とも言われてますが、足に痛みを生じることから放っておくと歩くこともままならなくなるので、尿酸値に異常が出た場合は、早期に治療することが何よりも大切になります。
お医者さんで薬で治療するという方法もありますが、程度がひどくない初期の段階であれば、食事と運動で改善することも可能です。
運動というのは、直接的な痛風対策ではありませんが、肥満ということで合併症になる危険性もあり、その他の生活習慣から来る病気などを直すにも必要なものなので、標準体重を維持するように適度な運動も必要ということなのです。
さて、痛風で一番問題になるのは、尿酸値が高くなることであり、食品に含まれているプリン体を摂取し過ぎると、数値が高くなってしまうとされています。
一日の摂取量は400mg以下が適量とされていますので、プリン体を含んでいて尿酸値に悪い影響を与える食品は出来るだけセーブすることになります。
まず、アルコールは多く含んでいると考えた方がいいのです。特に、尿酸値の高い人は誰しもが口にしなくなるビールはかなりの量を含んでいます。100mlで4〜6mgとされています。また、発泡酒が良いとか、第三のビールなら大丈夫という人もいますが、また、成分を減らしているとPRしている銘柄などもありますが、お酒にはエタノールが含まれており、それが尿酸を生成するので、アルコールは控える方が賢明なのです。
牛、豚、鳥のレバーは栄養満点で、食品として推奨されることも多いのですが、たくさん含んでいます。
痛風対策はプリン体がポイントで、食品には良いものと悪いものがあります。
干ししいたけ、鰹節、イワシやあじなど魚介類の干物も、生に比べると多くのプリン体を含んでいます。魚や肉を煮た汁は、とても美味いものですが、やはり多くを含んでいます。
実はプリン体自体がうまみ成分とも言えますので、美味しいと思うものは、一応警戒するということも必要になります。
さて、悪い影響を与える食品たちは前述のとおりですが、今度は良い影響に関するものとなります。
食べ物とは異なりますが、水分をよく摂ることです。尿として排泄するので、身体の中の尿酸が少なくなるというわけです。
また、尿をアルカリ性に代えるものを沢山いただくと、尿酸値が下がるとされています。
海藻類が代表選手で、ワカメ、ヒジキ、昆布といったところです。野菜類ではホウレンソウ、ゴボウ、ニンジン、キャベツ、ジャガイモ、サトイモ、サツマイモも良いとされています。果物ではメロン、バナナ、グレープフルーツが推奨されています。